仮性包茎 包茎 悩み

仮性包茎について

日本人に一番多いのがこの仮性包茎で成人男性の8割がこのタイプとも言われ、もっとも多い包茎の種類です。

 

仮性包茎とは平常時は包皮が亀頭を覆っていますが、手でめくると亀頭を簡単に露出することができます。

 

仮性包茎の症状の幅が広く、勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する軽度の仮性包茎から、勃起しても皮を被ったままで手などで故意に包皮を剥かないと亀頭が露出できない重度の仮性包茎まで症状は様々です。

 

仮性包茎は日常生活にほとんどの場合は支障はなく、性交の際にも痛みや危険を伴わないため、必ずしも治療をする必要はありません。

 

仮性包茎の問題点

しかしやはり仮性包茎にも悩みや問題点は存在しています、というか日本人男性の多くは仮性包茎で悩んでいるとも言われています。

 

仮性包茎の衛生面の問題点

 

重度の仮性包茎の場合は普段亀頭が包皮に覆われているため、真性包茎同様に亀頭自体に発育不全などの影響がでて、先細りのペニスになりやすく、普段皮が被って亀頭が湿っているタイプは、雑菌も繁殖しやすく不衛生になりがちな上、内側に恥垢などカスが溜まりやすく清潔にしていないと酸化し悪臭を発します。
また、陰毛が包皮に絡まりやすく、傷をつけるので包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。

 

また仮性包茎は恥垢などが溜まりやすく不衛生になりがちなため、性交渉を行った際に相手の女性の性器に垢や菌などを移してしまう可能性があります。
それが原因で不妊症の原因や子宮頚癌の可能性を高めてしまうこともあるため、注意が必要です。

 

仮性包茎は精神的コンプレックスが最大の問題!

実は仮性包茎の最大の問題点は精神的なものにあります!

 

仮性包茎の精神面の問題点

 

医療サイトや専門的なサイトなどで、仮性包茎は普通で、世界的に見ても当たり前でまったく恥ずかしがる必要は無いなどと説明しているサイトを見かけますが、現実問題として現在の日本でいい大人が皮を被ったままの「オチンチン」で平気でいられるものでしょうか?

 

いちいち仮性包茎が普通なんだ!と言い訳して廻るのでしょうか?

 

それを提唱している本人たちはどうなのでしょうか?

 

医学的に普通だろうが、仮性包茎が当たり前だ!と言われようが、現代の日本の社会の中では成人男性の皮を被ったオチンチンは恥ずかしいのです!理屈ではないのです。

 

仮性包茎は生活に支障がなくとも恥ずかしいというコンプレックスが存在するのです!

理想の仮性包茎!?

包茎がペニスにとって普通の状態だといわれていますが、個人個人それぞれペニスの長さや大きさ、皮の余り具合や厚さも違い千差万別!

 

何をもって普通と呼べるのでしょうか!?

 

そこで当サイトでは日本を基準に考える一番包茎の悩みもコンプレックスも抱かないであろう理想の仮性包茎を考察してみました!

 

 

仮性包茎の状態の個人差は幅広いのですが、包皮は余っていても伸ばせば亀頭の半分くらいは露出していて、普段の状態ではカリ首で包皮が止まっていて亀頭や亀頭直下がほぼ乾燥している状態が一番望ましいペニスの状態と考えます。
(※あくまで当サイトの見解です)

 

総合的な考えとしては、、仮性包茎でも普段から包皮を被っていて、亀頭が湿っていて直接触ると敏感なペニスの場合は真性包茎と同様の矯正または手術が必要でしょう。

 

仮性包茎の矯正について

 

 

完全なる露茎や仮に包茎手術をしてもペニスの勃起時に包皮の余りがほとんど無くジャストサイズでは、亀頭と陰茎表面の刺激だけで、包皮を上下させるピストン運動の快感は軽減してしまうでしょうし、包皮内板を切除する術式については、性的快感が損なわれる可能性も指摘されています。

 

(基本的に自由診療の美容包茎手術をすると、包皮の余り具合を聞かれます。)

 

包茎手術について